松仙FCとは


大田区の松仙小学校を活動拠点としてる少年サッカーチームです。

平日に松仙小学校の校庭を利用した練習があり、土日には主に大田区内のグラウンドで試合などが不定期で入ります。

土日の活動量は学年が上がるに徐々に従って増えていく傾向にあります。

 

松仙小学校以外の選手も多数所属しており、どこの学校のお子様でも大歓迎です。

東調布第三小学校、久原小学校、雪谷小学校、池雪小学校、梅田小学校、東調布第一小学校、小池小学校、調布大塚小学校、清明学園、馬込小学校、馬込第三小学校、清水窪小学校、徳持小学校、池上小学校など、色々な学校の子ども達が所属しており、セカンドコミュニティとしても機能しています。

保護者負担はありません


お当番や世話役、役員など、チーム運営のための保護者負担は一切ありません。

 

お子さまが好きなサッカーをしている時間は、保護者の方も好きな事に時間を使う事ができます。

もちろん、ご家族でお子さまの応援に集中する事もできます。

自身のレベルや目標に合わせて活動

各学年とも人数が多く、少なくとも1学年に2カテゴリー、多い学年は1学年で4カテゴリーに分かれて活動をしています(1カテゴリー10名~15名ほど)

より真剣に、より向上心を持ってサッカーをしたい!というお子さまから、楽しさや心身ともに健康にスポーツを楽しむ事が目的のお子さまも、それぞれのレベルや目標に合わせてサッカーに取り組んで頂けます。

日本サッカー協会ライセンス保持者で運営・指導


コーチは基本的に全員が日本サッカー協会の公認コーチで、大半は松仙FCと専属契約を結んでいるプロのコーチです。

子どもたちがサッカーを楽しみながら、技術も、判断力も、身体能力も、精神面も、社会性も伸ばせるよう出来る限り良い環境をつくっていきます。

 

また指導だけではなく、日本サッカー協会公認のスポーツクラブマネージャーが専属でチーム運営を行っています。

(JFA公認 スポーツマネージャーGrade2)