チームのルール

選手全員が安全に楽しくサッカーをするため、チームにはルールがあります。

また、使用会場によってそれぞれの使用規定があり、違反があれば今後その会場は利用する事が出来なくなってしまう場合があります。

大会によっては罰則規定もあります。

 

選手、保護者ともにご理解の上、ご協力をお願いいたします。

せんしゅのみんなへ

  • あいさつをしましょう!げんきよく、じぶんから。サッカーは、しあいのまえとあとにも、かならずあいさつをするスポーツです。ふだんからあいさつをしましょう。
  • コーチのおはなしはしっかりとききましょう!その日のれんしゅうのやりかたや、たいせつなことをせつめいしています。
  • しっぱいしてもいいので、ぜんりょくでがんばりましょう!あそびたいだけならこうえんでできます。なかまとがんばるのは、ここでしかできません。
  • れんしゅうがおわったら、みんなでかたづけをしましょう!きれいなグラウンドやどうぐがあるからサッカーがたのしかったのです。

感染予防対策のために選手が必ずする事

  • 会場に着いたら手洗いうがい
  • 練習終了後も手洗いうがいをしてから帰宅
  • 移動時は原則マスク着用、練習が始まったら外す、試合のベンチでは着用、ただし熱中症の危険性がある場合は無理に着用しない
  • 出欠回答で体温の事前申告をしていない選手はチェックシート持参、もしくは現地で検温
  • 遅刻してきた場合は必ずコーチに声をかける→主事室に検温結果を記入しに行く場合あり
  • その他はチームの感染予防ガイドラインを守る事

松仙小学校で練習する時のルール

  • 入場は正門のみを使用すること、他の門が開いていても使わない
  • 練習開始15分前を目安に正門が開錠されます
  • 中に入ったら指定場所で待機、体温確認後に荷物置き場へ
  • 正門が開くまでは、正門前のスペースでガードレールや白線の内側で待機し、騒がず公共マナーを守って待ちましょう
  • 待機スペースには限りがあるので早く来すぎないように
  • 入場後、他の団体が校庭を使用している場合は荷物置き場にて待機、ボールは使用不可、開けた正門のドアは都度閉める事
  • 他団体の使用が無く校庭が空いている場合は、荷物を置いてゴール運びなどの準備をします、ボールは練習開始時間まで使用不可
  • 後半パートの場合も同様に10分前を目安に来場し、自分の練習開始時間までは荷物置き場にて待機、ボールは使用不可、遊びの時間でもありません。
  • 練習終了後に残ってボール遊びなどをするのは安全性確保のため不可です、速やかに学校から退出する事
  • お菓子類は持ち込み不可
  • 松仙小学校所属の選手は原則的に自転車での来校不可(保護者はOK)
  • 他校の選手などで家が遠い場合や、何かしらの理由がある場合はチームに申請の上で自転車での来校可とします、ただし交通ルールとマナーを厳守すること

松仙小学校の施設利用規定

  • スパイクは使えません、靴底がゴム製のトレーニングシューズなどを使用すること
  • ジャングルジムや鉄棒などの学校備え付け遊具は使用不可(兄弟など小さなお子様も不可)
  • 自転車での来校の際は、正門から入ってすぐ左手の鉄棒前に整列駐輪(練習スペース確保のため出来るだけ犬走側へ)
  • 正門の前のスペースは駐輪不可、緊急車両が入る場合に使用するため厳守
  • ゴミは持ち帰り

チームの約束事

  • ボールはリュックなどの両手が空く物に収納して持ち運ぶこと、手で持つネット形式の物や、そのまま自転車のカゴに入れるのは安全性が低いため不可
  • 土日などで試合と練習が同日に入った場合は、原則的に試合のみの参加とし、練習は参加出来ません。オーバーワークを防ぎ選手の安全を守るためです。例外として、試合の出場時間が短く、気温や体調に危険が無い場合などは参加許可を出す場合もあります、迷ったらご相談ください
  • 急きょ活動時間が短縮、もしくは延長された場合の対応をご家庭で取り決めておいてください。例えば急な雨や雷などで活動が中断し予定より早く解散となる場合に、松仙小学校からであれば一人で帰宅するor保護者のお迎えを待つなど、お子さまが判断出来るようにしておいて頂けると安心です。また、試合の場合などは予定時間後を延長して追加の試合を申し込まれたりする場合もあります、その際にお子さまが残っても良いのか時間で帰らなければならないのか、お子さま自身が判断出来るように予めお決め頂けると現地でスムーズに進みます。
  • チームウェアを着用したまま公園などで遊ぶのはNGです。公園でチーム練習をしているのではないかとクレームが入ります。練習前後などに遊ぶ場合はシャツだけでも着替えるかチームウェアが見えないようにしてください、

河川敷グラウンドのルール

  • 六郷グラウンド付近のコンビニ、ドラッグストア、ファミレスの駐車場は、グラウンド利用者は駐車不可です。過去のトラブルから大田区サッカー協会が定めており、その店舗を使用するとしても駐車しないようにしてください
  • 自転車を土手に駐輪する際のルールはこちらのリンクをご確認ください

応援に来て下さる方へのお願い

お子様の応援にきてくださり、ありがとうございます。

皆さんからの応援は必ず選手の励みになっています。

コーチ陣も、応援にきてくださる保護者の皆さまに大変感謝しております。

 

応援する楽しさもサッカーの魅力のひとつだと思いますので、ぜひ楽しんでください。 

しかし、応援をしているつもりが、子どものスポーツの場合は少し間違えると子どもたちに取って良くない影響となる場合があります。

ご家庭により選手へのサポートの形は色々とあると思いますが、以下の注意点をご確認頂き、「選手にとって」良い応援をお願い出来ればと思います。

 

  • 応援は、定められた応援エリアからのみお願いします、エリアが決まっていない場合は自由ですが、ベンチ付近とゴール付近はご遠慮頂き、出来るだけベンチの反対サイドでお願いいたします。
  • 応援はマナーを守って、ポジティブな声掛け、支援や励ましの言葉、拍手などでお願いします。
  • サッカー協会からも指針が出ておりますが、対象が自チームであろうと相手チームであろうと審判であろうと、批判的な言葉や暴言、心無い言動は慎むようお願いします。
  • 何気ない言葉が子どもを傷付けてしまう場合があります。ボソッとつぶやいた言葉が一緒に応援している人を不快にさせてしまう場合もあります。試合会場は勝敗を決するだけでなく、子どもの育成をする場所でもありますので、ふさわしい行動をお願いいたします。
  • 応援エリアから選手への指示やプレーの指摘は厳禁です。よくあるのは、〇〇しろー!という応援のような、指示のような声かけで、コーチの指示とそぐわない場合があったり、選手の自主性を損なってしまう場合があり、時には選手を委縮させてしまいます。
  • 選手への指示やミスの指摘についてはコーチに任せ、皆さんからはポジティブな声掛けを頂けるとありがたいです。一見するとミスかもしれませんが、もしかするとそれは練習で取り組んでいる事のチャレンジかもしれません。練習と試合の結び付きの中で、ミスを許容するべきか、指摘するべきかの判断は普段から練習を見ているコーチにしか出来ません。
  • プレーや采配を不満に思う事もあるかもしれませんが、納得いかない事やご不明点があればコーチや監督へお声がけください、保護者の皆さんからの質問やコミュニケーションは大歓迎です。
    また、保護者の皆さんとの相互理解は必要不可欠だと思っていますので、ご理解いただけるよう精一杯ご説明させて頂きます。
  • 大切なお子さまですので色々と手助けしてあげたくなるかと思います。
    適切なサポートは非常にありがたく、子どもの成長に必ずつながります。
    難しいのは、サポートと過干渉のボーダーラインで、過干渉は子どもの成長を妨げる要素になり得ます。我々も線引きが難しい部分でもありますが、チームからのお願いとしては、チームとして集合してから解散するまでの時間はお子さまに干渉し過ぎないようにしましょう。
    親と子でもありますが、この時間は選手とサポーターのような関係として適切な距離感で見守り、自立の機会として頂く事は必ず成長の助けになると考えています。
    サポーターはベンチにもロッカールームにも入らずとも、選手を助ける事が出来ます。