試合に行こう!

試合、ワクワクしますね。

 

チームの方針として、サッカーの準備は出来るだけお子さま自身が自分でするよう促しています。

道具を用意して、場所や時間を調べたり、対戦相手を確認したり。

準備するって大切です。

 

でもちょっと待ってください。

大人の皆さんも、試合の準備は出来ていますか?

大人の準備、試合の目的


サッカーの醍醐味は、やはり試合にあります。

 

子どもも大人も熱くなる、特別な時間です。

プレーヤーもサポーターも、大いに楽しみましょう。

 

しかし、大人はただ熱くなるのではなく、試合は子どもの成長のための大事な要素のひとつだという認識を忘れずに。

 

つい試合になると大声で子どもに指示を出してしまったり、ポジティブとは言えない言葉をかけてしまったり、という事も起こりがち。

 

試合は特別な時間ですが、子どもの成長のためには練習と試合が連動してるからこそ重要になります。

 

きっと、練習で失敗しても皆さんは怒鳴らないのではないでしょうか。

それが試合になると、つい熱くなりすぎて…

ということも見受けられます。

 

子どもの試合を観て心が動く事は良いことですし醍醐味です。

それ自体を抑える必要はありません。

しかし、プロの試合を見ている訳ではなく、未熟であることが当たり前の選手たちです。

練習と同じく、失敗を自分で経験して、成長する年代です。

自分の親から言われるというのは、コーチが指示を出しているのとは受け取り方が違います。

 

チームからのお願いです。

伸び盛りの彼らに、ポジティブな声をかけましょう。

応援・支援の声をかけ、拍手をし、いつも前向きな気持ちにさせてあげましょう。

大好きな大人に褒められ、認められ、応援されるというのは、子どもに取って大きな原動力になります。

 

同様に、相手選手も、審判をしてくれる人も、隣で応援している人も、全ての人が子どもがサッカーをするためのサッカー仲間ですから、リスペクトをもって接しましょう。

 

松仙FCでは、観戦にくる全ての人に理解をしてもらいたいと思っています。

 

子どもの試合において、勝利を目指すのは目標であり、目的ではありません。

一番の目的は、彼らの成長です。

 

子どもの成長を楽しむという、大人にしか出来ない楽しみも感じながら応援をしてみましょう。

細かい注意事項などはチームのルールをご覧ください。